忍者ブログ

沖縄で修行・独立して、今は大阪で活動している紅型(びんがた)屋です♪

リクエスト紅型教室「糊からコース」の柄サンプル一覧

「糊からコースとは」
経験者さん向けに、型紙から選んで、糊置きから体験できるコースです。
お好みの場所に、出張いたします ^^

主催の方が、紅若菜の紅型教室に3回以上ご参加の場合に限り(お教室参加4回目以降に)
糊置きから体験することのできる「糊からコース」を2名さまから(最大3名まで)
お受けすることができます。
(*主催以外の方は過去に1回以上紅若菜教室にご参加の場合に限ります)

お客様お持込の、お好きな生地に染めます。
帯などに仕立てたい生地がある場合などにお勧めのコースです。
生地選びのポイントは、一番下に掲載しています ^^

主催ご希望の方は、紅若菜まで詳細をお問い合わせくださいませ。





■柄(型紙)のサイズ■

   A 長い辺が、約22cm~42cm
   B 長い辺が、約21cm~32cm (柄少なめ柄多め
   C 長い辺が、約14cm~22cm
   D 約8cm四方
   E 長い辺が、約7cm~11cm
   F 約2cm四方~5cm四方




■柄(型紙)について■

・掲載している柄でも、メンテナンスや廃盤によって
 使用不可になる場合もありますので、随時お問い合わせくださいませ。
 また、リニューアルによって掲載の柄が入れ替わることもあります。

・A・B柄は、事前にご予約ください。
 その他の柄は、当日用意した中からお選びいただく形になります。

・A・B柄以外の型紙は、基本的に色見本のご用意はありません。
 また、染め当日の色見本の色合いが
 こちらの画像の配色と異なる場合があります。予めご了承くださいませ。

・ご参加のメンバーで、使用したい柄が重なった場合は、一度型紙を洗ってからの
 作業になりますので、お時間を頂くことになります。

・染めにかかる時間の目安
 1回の体験(約5時間~6時間)で、A柄1箇所程度が目安です。
 あまり、柄を増やしても、急ぎ過ぎて綺麗に染められなかったり
 集中力が途切れたりしますので、お勧めできません。
 もし、早く染め上がりそうな場合、追加で小さな柄(DやFなど)を
 染めていただくことは可能です。
 その場合、染める型紙が増えるたびに、お値段はプラスされてゆきます。


 例:名古屋帯にするために必要な柄数の例
   A柄(お太鼓)×1+B柄(胴前)×1
    *但、A+Bで制作される場合は2日間ご参加頂きます。

   A柄(お太鼓)×1+F柄(タレ先)×2+D柄(胴前)×1
    *但、Aが時間内に染め上がる見込みがある場合のみ
     他の柄の追加が可能になります。
  










【A】長い辺が約22cm~42cm (帯のお太鼓などに)

(1)尾長鳥


(2)蓮


(3)南国の花に髑髏



(4)市松猫







【B】長い辺が約21cm (柄少なめ・トートバッグなどに)

(1)羽2本


(2)枝垂れ桜2本


(3)牡丹一輪


(4)月桃のつぼみに猫


(5)蓮一輪







【B】約14cm×25cm (柄多め・半衿などに)
 *半衿にした時に、柄を比較的出しやすい型紙です。




(1)猫と足跡
猫好きさんのための猫みっちり柄に、足跡と市松模様が加わりました。
1匹隠れキャラがいますよ♪






(2)ナガミヒナゲシストライプ
4~5月頃に何処からともなく
ひょっこり顔を出すナガミヒナゲシのオリジナル柄です。






(3)月桃(げっとう)唐草 
与論島や沖縄でも生活の中でよく使う
生姜科の月桃(げっとう)のオリジナル柄です。





(4)ブーゲンビリア唐草
ブーゲンビリアが、にょきにょきとツタを伸ばして
花咲き誇り、そこにひらひらと蝶が誘われてきた様子を
デザインしました。






(5)アラレ尽くし
ころころと丸いアラレをデザインしたオリジナル柄です。
半衿や鼻緒にしたときに柄を出しやすい柄です。

 




(6)蔦つなぎ
蔦が繋がり合う様子をデザインした古典柄です。
蔦の色で雰囲気をがらりと変えることができます。

  




(7)シャコ貝
シャコ貝が3つ、大きなウエーブの口を開けているところに
お魚やヒトデもやってきました。

  




(8)蜘蛛の巣にかたばみ
古典柄の「蜘蛛の巣に梅」をアレンジしてカタバミを散りばめました。
蜘蛛の巣の色で、雰囲気をがらりと変えることができます。

  



(9)ソテツ 
ソテツの雌花や雄花、種ができる様子や、葉っぱの伸びていく様子を
デザインしたオリジナル柄です。
*模様が複雑で、少し時間のかかる柄です。

 




(10)すみれ唐草
すみれの花が、小さなハートのついたツタを伸ばしながら
華やかに咲いている様子をデザインしたオリジナル柄です。






(11)雪花とリボン
直線的でキラキラな雪の花と、緩やかなラインのリボンを
デザインしたオリジナル柄です。
雪花のモチーフは夏にも冬にも使われます。
*配色と隈の見分けが、少し複雑な柄です。

  




(12)サイコロ尽くし
「どっちに転んでも目(芽)が出る」サイコロをデザインしたオリジナル柄です。
図案が大きいので、半衿をたっぷり出す方におススメです。

  




(13)三角とジグザグ
古代の記号みたいな、宇宙船の模様みたいな、三角とジグザグを
散りばめたオリジナル柄です。






(14)天の川 
もくもくと夜空に広がる天の川を、キラキラの星と一緒に
デザインしたオリジナル柄です。
*柄の自由度が高いので、自由を好む方にお勧めです。

 





(15)クビワオオコウモリとガジュマルの実
ガジュマルの実をちゅーちゅーしに集まってきた
クビワオオコウモリたちをデザインしたオリジナル柄です。
こっそり、首輪の形が星やハートの子もいます。







(16)ゴーヤとヤンバルクイナ
ゴーヤの花が咲いて実がなって、熟しすぎて爆発して。
そんなゴーヤの森にヤンバルクイナの親子が住みついています。
*ヤンバルクイナを半衿で出すのが少し難しいかもです。














トートバッグにおすすめの柄
 *半衿にすると柄出しが難しい型紙です。



(17)牡丹唐草
古典柄の牡丹をアレンジしたデザインです。
大振りの花がインパクト大の、比較的染めやすい柄です。






(18)ウミウシ三姉妹
ベニヤカタガイ・カノコウミウシ・コモンウミウシの
3種類のウミウシをデザインしました。
みんなでお洒落して、これからおでかけする相談をしています。








(19)海の生物
海亀・クラゲ・ヤドカリ・サンゴイソギンチャク
ミツボシクロスズメダイなど、ダイビングで出会える海の生き物たちが
ゆらゆら揺れる波のよろけ縞に揺られています。
*パーツが多いので、少し時間のかかる柄です。








(20)蓮二輪
蓮の花が華やかに咲き誇っている様子をデザインしました。
1枚の花びらを2色で塗り分けて、隈も入れることで
4色のグラデーションと真ん中キラリに、染め上げることができます。







(21)蝶と南国の花
ブーゲンビリア・月桃・菊の唐草に
蝶がひらりと舞い降りた様子をデザインしました。
*比較的パーツが少なめの柄ですので、染めやすい柄です。










【C】長い辺が約14cm~22cm

 *サンプル画像準備中










【D】約8cm四方

・牡丹  雪輪にスカル


・猫にお花  すみれ


・猫にきらきら


・ゴーヤーとヤンバルクイナ  ブーゲンビリアにヤモリ


・リボンと四季の花  牡丹


・蓮の葉にカエル  ブーゲンビリア


・ゴーヤーにヤンバルクイナ










【E】長い辺が、約7cm~11cm

 *サンプル画像準備中
   




【F】約2cm四方~5cm四方

・猫  ・花一輪  ・葉っぱ  など














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



■生地選びのポイント■

<素材>
綿や麻100%で目の詰まったものが染めやすく発色がきれいで
伸縮性のない生地がお勧めです。
ポリエステルなど人工繊維が多い生地は
にじみやすくぼかしがきれいに入らないことがあります。
ポロシャツによく使用されている「鹿の子編み」などの
速乾生地は細かな凹凸があるため染めに適しません。
晒は目が粗いので、にじみやすく染め難い素材です。
 
<厚さ>
生地の厚さの目安として、染めたい生地の下に他の柄物の生地を敷いてみて
その柄が透けて見えないくらい厚手のものが染め易くお勧めです。
帆布やキャンパス地が一番にじみにくく、発色も良くてお勧めですが
帯に仕立てる場合は、もう少し薄手のものがよいかと思います。 

<色> 
白に近い方が発色が良く綺麗に染め上げることができます。
黒い生地には染まりません。
小さめの水玉などが予めプリントされた生地は
水玉部分は色が弾かれる場合があります。
 
<その他> 
布を平置きにしたときに、段差があるところは
糊をきれいに置き難いため、染めが荒くなる可能性があります。
段差のないテーブルや生地をご用意くださいませ。
また、織り模様の多い素材も同様に、綺麗に糊を置けない場合があります。

帯にされる方は、必ず、普段お使いのものから長さを計って
マスキングテープやしつけ糸などで
柄を置く場所の印付けを事前によろしくお願いいたします。



拍手[4回]

attention

ブログ内の写真・記事等の無断転載・転用お断り

紅若菜


ヨロン島出身の紅型染め屋です。

沖縄で修行して独立。
神奈川で7年ほど活動し
2014年5月大阪に拠点を移しました。

古典柄からオリジナルまで
型紙から制作しています。
1色1色大切に手染めした紅型と
様々な作家さんたちとの
コラボアイテム展開中です。

半衿などの紅型教室
ときどき開催しています。

ブログはレポ中心です♪
いち早い情報は twitter facebook にて♪
紅型商品のお取り扱い店舗はこちら
ふだん着物ブログInstagramにて
紅型半衿コーデ掲載中♪

twitter

☆info & 出展予定☆

emojiブログはレポ中心です~。最新情報は twitter facebook
emoji紅型商品のお取り扱い店舗はこちら
emojiふだん着物ブログInstagramにて紅型半衿コーデなど掲載中♪
emoji1回で半衿完成♪定期&不定期開催の紅型教室はこちら

search inside blog

P R

PR